動画制作

動画編集を外注するときのポイント

文字数
文字 / 分
難易度
やさしい

動画編集を外注すると、時間や手間を最小限にしながら質の高い動画を作ることができます。動画編集を外注する際に注目したい5つのポイントを解説します。

動画編集は外注して時間も手間も短縮しよう!外注するときに注目すべき5つのポイント

動画編集は外注することで手間や時間を短縮し、短期間で動画を完成させることができます。また、個人で編集するよりもクオリティの高い動画を制作することができるというメリットもあります。特に広告、会社紹介、商品紹介など業務の一環として活用する場合は、動画編集を外注することをおすすめします。

対象者

  • 動画編集を外注するメリット
  • 動画編集を外注する際に注目すべき5つのポイント
  • 動画編集を制作会社に外注する際のメリット・デメリット
  • 動画編集をフリーランサーに外注する際のメリット・デメリット
  • 動画編集を外注する際に伝えるべきポイント

を知りたい方

動画編集を外注するとコストはかかりますが、それ以上に多くのメリットを得ることができます。動画編集を外注する際のメリットについて紹介していきます。

◎納期を短縮できる

動画編集を外注する最大のメリットは、納期を短縮することができるという点です。動画編集には非常に時間がかかり、慣れていない人では、10分の動画に5時間以上かかるといわれます。特殊効果や字幕、効果音などにこだわると編集だけで10分の動画に30時間以上かかるという場合もあり、動画を高頻度で作成することができません。撮影よりも編集のほうが手間がかかるケースが多いため、外注することで自社の社員が動画編集に拘束される時間を減らすことができます。

◎クオリティの高い動画編集ができる

動画編集をプロに外注することで、素人が編集するよりもクオリティの高い動画が完成します。編集によって動画のクオリティは大きく上がり、潜在的な顧客が動画を見たときに購買意欲が湧いたり、強く印象に残るなど、費用対効果が高まるのがメリットです。

◎プロのノウハウを生かしたアイデアを提供してくれる

動画編集を外注する際の3つ目のメリットとして、プロの持つノウハウやアイデアを提供してもらえるという点が挙げられます。依頼者側から大まかなイメージさえ伝えることが出来れば、動画編集のプロはカットや字幕・効果音の挿入などの視聴者を引きつけるアイデアを多く取り入れ、依頼者のイメージに合った動画を完成させてくれます。

◎専用の機材やソフトを揃える必要がなくなる

動画の編集を自社で行うことになると、スペックの高いパソコンや専用の編集用ソフト、音声素材やミキサー、ナレーション用のマイク、オーディオインターフェイスなど専用の機材を多数揃える必要があります。これらの機材を揃えると費用がかかるため、長期的に使わなければ元が取れません。動画編集を外注すればこれらの機材を購入する必要がなくなるため、費用の削減につながります。

◎自社で制作するためのノウハウを学ぶ必要がなくなる

動画編集を制作する専門のチームやグループが自社内にない場合、新規に立ち上げて編集を行うことになります。ノウハウがゼロの状態から編集ソフトの使い方やテロップ・BGM・効果音の入れ方、色調整の仕方、効果的なカットの仕方などを学ばなければならず、仕事で使えるレベルになるまでには非常に時間がかかります。これではでは早急に動画を編集することができませんし、本来の業務をストップして動画編集を学ぶため人的なコストもかかります。動画編集を外注すれば、これらのノウハウを学ぶ必要がなくなり、自社の業務をスムーズに進行させることができます。

■動画編集を外注する際に注目すべき5つのポイント

動画編集を外注する際には以下の5つのポイントに注目して編集業者・制作会社を選びましょう。それぞれ業者によって違いがあるため、複数の業者に問い合わせることをおすすめします。

◎制作実績の豊富さ

動画編集の制作実績を確認するのは非常に重要なポイントです。特に以下の点に注目するとよいでしょう。

  • 制作本数
  • 営業年数
  • 取引相手の業種や企業名
  • 動画サンプル

営業年数が長く制作本数の多い業者は、経験が豊富で信頼性の高い業者であると判断できます。さらに本数が多いほどフォーカスするポイントの見せ方や視聴者の注意の引き方といったノウハウが蓄積されていることが多いです。取引相手が自社と同じ業種の場合には、紹介したい商品やサービスの内容が似ていることがあるため、動画の編集もしやすいでしょう。また、大手企業との取引をしたことがある業者であれば、信頼して依頼することができます。

また、問い合わせをする際に、これまで編集した動画のサンプルを見せてもらいましょう。業者の持つ編集の技術や力量を確認することができ、自社の動画の完成形をイメージすることができます。

◎得意とするジャンル

動画編集は業者によって、得意なジャンルがわかれる場合があります。主に映像の種類と、動画のジャンルによって得手・不得手がわかれます。

映像の種類には以下の3種類があります。

  • 撮影動画
  • アニメーション動画
  • 3DCG動画

また、動画のジャンルには以下のようなものがあります。

  • Web広告・テレビCM
  • インタビュー動画
  • イベント動画
  • 会社・学校・施設紹介動画
  • 研修・教育用動画

この他、テロップの入れ方に特徴がある場合や、効果音・SEの使い方に定評があるなど、業者によって特徴が異なります。

◎スケジュール・納期

動画編集を外注するときは、依頼者側の希望の納期に合わせて納品してくれるかどうかを重視しましょう。単純に短い納期であるだけでなく、修正等も考慮に入れて無理のないスケジュールを組んでくれるかどうかを確認することが大切です。工程ごとの所要時間を含めた細かいスケジュールを作成してもらい、進捗状況を報告してもらうようにしましょう。

なお、動画編集の納期は動画の長さや特殊効果、ナレーションを入れることで大きく変動します。ほとんどカットの必要がなく、BGMとテロップを入れる程度であれば3日〜1週間程度、元の素材が非常に長くカットの必要があり、BGMや効果音、テロップやビジュアル効果などを入れる場合は2週間〜1ヶ月程度かかる場合があります。ドラマのように長時間のものでは1ヶ月を超えるスケジュールになります。

◎費用の内訳

動画編集の費用は、どのような効果を入れるか、カットの必要があるか、どのようなBGMや効果音を入れるかによって変動します。そのため、事前に依頼者側で予算の目安を決めておき、それを元にどの程度の編集が可能になるのか編集業者・制作会社と話し合うとよいでしょう。

特に費用を決める要素には以下のものがあります。

  • アニメーションや3DCG制作の有無
  • 録画素材の尺
  • 完成する動画の尺
  • カット数
  • テロップや画像などの挿入
  • BGMや効果音の使用

また、オリジナルのBGMを使う場合は作曲料が、既存の楽曲を使用する場合にはJASRACの使用料などがかかります。

なお、正式に編集を依頼する前に、複数の編集業者・制作会社に見積もりを出してもらうことをおすすめします。その際には工程ごとに必要な経費が明記されているかどうかなど、費用の内訳がわかるようにしておきましょう。業者によって修正に追加費用がかかる場合もありますので、見積もり時に確認しておくことが大切です。

◎コミュニケーションの取りやすさ

録画した素材が同じでも編集の仕方によって動画のクオリティは異なります。依頼者の要望や変更したい点を正確に伝えるためにも、コミュニケーションの取りやすい業者を選びましょう。進捗状況を頻繁に報告してくれる業者なら、スケジュールに変更が生じた場合でも安心して任せることができます。

具体的には、以下のようなポイントに注目することが重要です。

  • 事前の打ち合わせの時間をしっかり取れる
  • こちらの希望を素早く理解してくれる
  • 電話やメールの返信が早い(遅くとも24時間以内に)
  • 進捗状況の報告などを頻繁にもらえる
  • 工程に変更があった際に迅速に連絡をくれる

■動画編集を制作会社に依頼する際のメリット・デメリット

動画編集は動画制作会社や動画編集代行業者に依頼することが一般的です。制作会社に依頼する際のメリットやデメリットを解説します。

◎動画編集の実績が豊富

企業として編集を請け負っているため依頼者からの信頼を得やすく、料金や納期などのプランが明確なので依頼しやすいのがメリットです。動画編集の実績が豊富なため編集のノウハウも十分に蓄積されており、依頼者の要望に対して柔軟に応えることが可能です。

◎短い納期での編集が可能

動画制作会社は複数人で編集作業を行うため編集のスピードが早く、大量納品の場合も短い納期での編集が可能です。

◎クオリティが安定している

編集やチェックを複数人で行っているほか、フリーランサーなど個人の編集業者に比べて機材や設備が充実しており、クオリティにムラがないことがメリットです。

◎フリーランサーに比べて料金が割高

制作会社の場合は高クオリティ・短納期を担保する代わりに人件費や設備費が多くかかります。一部の作業を外部の下請け会社などに委託する場合もあり、料金が更に高くなることも考えられます。修正費用などの追加料金がかかる場合もあるため、見積もり時に確認しておきましょう。

■動画編集をフリーランサーに依頼する際のメリット・デメリット

動画編集はフリーランスの動画編集者に依頼することも可能です。フリーランサーに直接依頼する他、アウトソーシングサイト経由で依頼する方法があります。フリーランサーに依頼する際のメリットとデメリットを見ていきましょう。

◎安価で動画編集を外注できる

フリーランサーに動画編集を依頼する最大のメリットは、「安価に外注できる」という点です。全ての編集作業を一人で行うため、人件費や外部委託のマージンがかからず、価格を抑えられるのがポイントです。制作会社に比べて半額程度の場合が多く、中には時給制で編集を請け負うというフリーランサーもいます。料金の提示だけでなく、作業工程やどれだけ時間がかかるかなどもしっかりと打ち合わせの際に確認しておきましょう。

◎編集技術や完成した動画の品質が人によって異なる

編集技術や設備の充実度により完成した動画の品質がフリーランサー個人によって異なるのがデメリットです。以下のポイントを事前に確認しておくと、安心して編集を依頼することができます。

  • 使用機材やソフト
  • BGMや効果音等の素材
  • 制作・編集を行った動画のサンプル

また、打ち合わせのときに実際に話してみて、人として信頼できるかどうかを確認しておくのも大切です。

◎編集実績が制作会社よりも少ない

フリーランサーは編集した実績が制作会社に比べて圧倒的に少ないことが多いです。そのため前述の通り動画のサンプルを見せてもらうことが重要です。以下のポイントに注目しながら動画サンプルを確認してみましょう。

  • 同業他社の動画を編集した実績があるか
  • 運用方法に合った動画を編集した実績があるか
  • 動画サンプルが自社の動画の完成イメージに近いかどうか

◎連絡が取れなくなるケースがある

進捗状況の報告や変更点の連絡などをこまめに行なってくれるかどうかはフリーランサー個人に依存します。そのため、フリーランサーの中には連絡が取りにくかったり、連絡をしても返信がこなかったりするケースもあります。

こまめに連絡を取ってくれる信頼できるフリーランサーを選ぶ際は、以下のポイントに注目してみましょう

  • アウトソーシングサイト経由で評価の高い人に依頼する
  • プロフィールが丁寧で詳細に書かれていることを確認する
  • 依頼前の問い合わせなどのときに連絡の丁寧さや返信の早さをチェックする
  • 直接話したときに信頼できる人かどうか人柄をチェックする

■動画編集を外注する際に伝えるべきポイント

動画編集を外注するときには、動画の使用目的や完成イメージ、フォーカスしたいポイントの他、納期や費用についてもしっかり伝えておきましょう。

◎動画の使用目的

動画を使用する目的をしっかりと伝えましょう。商品紹介とインタビュー動画では編集の手間も、テロップや特殊効果などの見せ方の手法も変わります。また、どのような人をターゲットにしているのかという点も重要です。

◎動画の完成イメージ

動画の完成イメージを、できる限り細かく正確に伝える必要があります。できれば簡単な絵コンテなどがあるとよいですが、動画素材の使う順序や大まかな時間などをリストアップしておくと、よりイメージが伝わりやすくなります。また、打ち合わせのときに直接話をして、細かいニュアンスをきちんと伝えるようにしましょう。

◎フォーカスしたいポイント

動画の中でフォーカスしたいポイントがある場合、しっかりと業者に伝えましょう。フォーカスの仕方まで依頼者側でイメージができればよいですが、そうではない場合は業者と打ち合わせて方向性を決めていくようにしましょう。

◎納期と費用

動画編集を外注する際は、余裕を持った日程で納期を伝えましょう。運用する際にギリギリのタイミングで納品されると、十分なチェックをしたりYouTubeにアップしたりする際にスケジュールが押してしまう場合があります。実際に運用するまでのインターバルが十分に取れるような納期を伝えることが大切です。

また、費用に関してもしっかりと話し合うことが必要です。修正に別途費用がかかる場は、上限となる費用を決めておくとよいでしょう。

動画制作ネットはこれまで100社以上の動画制作実績を誇り、動画広告に特化して全てワンストップでサービスを提供しています。社内にクリエーターチームがあるため、高品質・低価格でご提供することができます。無料相談もできますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

動画編集を外注するときのポイント

1

制作実績

2

得意なジャンル

3

スケジュール・納期

4

費用

5

コミュニケーションの取りやすさ