動画制作

【連載】動画広告の編集で使うソフトを知ろう-1~基本編~

文字数
1500文字/3分
難易度
やさしい

一口に「動画編集ソフト」といっても、初心者が無料で気軽に使えるものから、プロ向けのソフトまで幅広く存在しますが、今回は動画広告などビジネスの現場で多くの人が使用する編集ソフト「After Effects」(以下、Ae)についてご紹介します。

このソフトはプロ向けとして広く知られているため、敷居が高く感じている方もいるかもしれませんが、ここでは編集方法というより「何ができるか」「どんなソフトなのか」この二つに要点を絞ってみていくので気軽に読んでみてほしいです。

「名前だけは知っている」「そもそもどんなソフトなのか知らない」というあなたも、この記事を読めば
業者やクリエイターに動画制作を頼むときに、どのソフトを使っている人に依頼すればいいか判断できるようになり、
ブラックボックスだった動画編集のことを大まかに知ることができます。

対象者

  • そもそも動画がどうやって作られているか知りたい
  • 動画を作りたいが、どんな人/業者に依頼していいかわからない
  • 使用するソフトによってどんなことができるか知りたい

そもそもどんなソフト?

Aeは、Adobe Systemsという会社が出している2D映像加工ソフトです。

Afeter Effectsでできることとメリット

  • 動画どうし・画像どうしをつなげるなどの基本的なことができる
  • 図形・イラストに動きを付けることで情報量を増やす「モーショングラフィックス」の制作ができる
  • キャラクター・イラストに動きをつけることで、まるで生きているかのように見せられる
  • 文字や画像、動画が出現するときの演出をつけることができる

Aeを使うことによるデメリット

  • 多機能であるがゆえに使いこなせる人が比較的少ない
  • 細部にこだわればこだわるだけ工数(費用)をかけることができてしまう

要は、「モノに動きをつけることが得意なソフト」です。
人間は本能的に動きがあるものを目で追う性質があるため、「動き」を作ることは動画制作において重要なのです。

他にも、画像の色合いを調整したり、動画や写真に細かい加工を施すこともできます。(この加工で得られる効果のことを「エフェクト」と呼びます。)

その気になればソフト上に存在する仮想空間で花火を打ち上げることだってできます。

以下がAeで制作した動画です。
よくよく目を凝らしてみてみると、図形やイラストに細かい動きがついているのがわかると思います。(冒頭の煙の中からロゴが出現する動きや、背景の細かい動きなど)
こうした動きを一つ一つ地道に作っていくことで動画全体の見栄えをよくしていきます。

もう一つの動画編集ソフト、PremiereProの違いは?

一方、よく制作会社やクリエイターが使用しているソフトとして「Premiere Pro」(以下、Pr)というものがあります。

同じ会社が出しているということもありAeと混同されがちですが、この二つには大きな違いがあります。
上述の通りAeは素材に「アニメーション・効果をつける」ことを得意としていますが、対してPrは
素材となる「映像をつなぎ合わせて」1本の作品に仕上げることが得意なソフトです。

  • 複数のカットをつなげたり、テロップを入れたりすることができる
  • 簡単な色味の調整もすることができる
  • 長編かつ、アニメ―ションを伴わない動画制作で重宝する

ちなみに最近では、「ターミネーター」シリーズの最新作が、このPrによって製作されたと話題になりました。

アニメーション制作もできなくはないですが、ユーザーインタフェースとソフトの設計上わかりづらいうえに工数がかさんでしまいます。
要は動画どうしを素早くつなげて、一つの動画にすることが得意なソフトです。

以下がPrで制作した動画の例です。Aeで制作したものとは違い、撮影した動画素材ありきの編集になっているかと思います。
アニメーションはロゴが浮き出てくるというような簡素なものとなっています。
しかし、撮影さえしてしまえばAeで制作した動画よりもはるかに少ない工数で編集することができます。

どうして動画広告ではAeを使うの?

基本的に、Aeは工数がかかる分短いカットの映像や、細かい設定が必要な映像などを編集する際に使用することが多いです。さまざまなエフェクトを利用することで、より魅力的な映像を作り出すことが可能です。

動画広告における動画制作では、15~45秒ほどの短い尺の動画制作が基本であるうえに、SNS広告ではクリック数などを上げるために、視聴者の「目を引く」動画を制作することが求められます。そのため、モーショングラフィックスやアニメーションといった、幅広い映像表現ができるAeを基本的に使用しているというわけです。

まとめ

1

Aeはイラストに動きをつけることが得意で、目を引く映像を作成できる

2

Aeは「アニメーション制作」という点においてPremierProと一線を画している

3

動画広告の制作現場ではAfterEffectsというソフトを使うことが多い