動画制作

動画制作と料理って、実はそっくり!?動画制作のプロセスとは?

文字数
2000文字(4分)
難易度
やさしい

動画を制作し始めてもう長い私ですが、最近よく思うことがあります。
それは「動画って料理に似てるよなぁ・・・」ということです。

動画を作る工程もそうですし、ソフトの使い方なんかもプロセスが一緒なんですよね。
動画編集初心者の方に使い方を教えるときなんかも、キッチンに例えながら説明することもあります。

今回は、動画を制作するプロセスを、料理に例えながら説明していきます!

対象者

・動画制作についてライトに知りたい方
・動画制作を料理に例えて解説して欲しい方

はじめに

料理と動画制作を重ねた制作フローです。基本的にこの3ステップで制作していきます。

お腹がすいた

料理-買い物

おなかがすいたけど、何も食べるものがない・・・。料理をしようにも材料がない・・・。
そう、まず初めに「素材」がないと何も始まりません。
スーパーなりコンビニなりに素材を買いに行くところから始めましょう。
できるなら自分で野菜を育ててみてもいいかも?その方がおいしい時もあります。

動画制作-素材集め

動画を作りたい・・・。でも制作をしようにも素材がない・・・。
動画制作においても、「素材」がないと何も始まりません。
インターネットから著作権フリー素材をダウンロードするなりするところから始めましょう。
できるなら自分で撮影してみてもいいかもしれないですね。
ただ、ここは本当の買い物と違い、動画素材や写真素材等は無料で手に入れられるものが多いです。
使えそうなフリー素材頒布サイトをまとめた記事も作成する予定ですのでお楽しみに!

ただいま

料理-キッチンの用意

素材はあっても、キッチンがないとこれまた料理のしようがありませんね。
冷蔵庫にまな板や包丁、フライパン、さらには塩コショウなどの調味料も必要ですね。
とはいえ、料理初心者がいきなりレストランの厨房を借りても使いこなせないと思うので、
自分に合ったレベル・サイズ感のキッチンを使った方が結局効率がいいかもしれません。

動画制作-ソフトの用意

素材が集まっても、編集ソフトがなくては加工ができず動画を作ることはできません。
自分のレベルに合わせて編集ソフトを用意しましょう。
初心者の方はいきなりハイレベルなソフトに手を出さず、自分に合った編集ソフトを使いましょう。
近年では手軽に使える編集ソフトも転がっています。
macの方はimovieで、あまり知られていませんがwindowsの方は「フォト」で簡単な動画編集ができるんです。
フォトでの動画制作のやり方と、完成した動画をご紹介しますのでよかったら参考にしてみてください!
(ちなみに、この動画は15分ほどで完成しました)

いざ調理

料理-調理

買ってきた材料を切ったり、味付けをしたりして調理します。
全部自分で調理するのが面倒だったり、時間がない時にはCoo〇 Doみたいな、入れて炒めるだけの素はありがたいですよね。

動画制作-編集

素材を切り貼りしたり、「エフェクト」と呼ばれる効果をつけることで見栄えをよくしたり、物に動きをつけたりします。全部自分で手作りするのが大変な時は、あらかじめ自分で作っておいたエフェクトの組み合わせを使ったり、販売されているプリセットを買って使ったりすれば手間を省くことができます。(本当にCoo〇 Doみたいですね!)
ちなみに、下記が動画編集ソフトの画面です。今回は私たちが普段使用しているAdobe After effectsをご紹介します。機能をキッチンの中のものに例えた説明もついています。どこまでも料理にそっくりですよね。

このプロ向け動画編集ソフトの「After Effects」についてもっと詳しく知りたい方はこちらの連載記事をご覧ください!
>>【連載】動画広告の編集で使うソフトを知ろう-1~基本編~ <<

いただきま・・・ちょっと待って!

料理-盛り付け

料理は五感で食べるもの・・・なんてよく言いますが、やっぱりきれいな盛り付けをされたものの方がおいしく見えますよね。
盛り付けをしないと、つまみ食いはできてもみんなで食べることができません。

動画-書き出し

動画も同じで、編集するだけしても、書き出しをしないと編集者しか見ることができません。
YouTubeなどに上げてみんなに見てもらうためには、一度「.mp4」の動画ファイルにしなくてはいけません。

これはほぼすべての動画制作ソフトに共通してある「書き出し」という工程で行うことができます。

完成!いただきます!

いかがでしたか?この記事を執筆しながら思ってましたが、やっぱり共通することが多いなあと改めて実感しました。

他にも、調理(編集)の工程で「きちんと素材の良さ」を引き出してあげる調味料(エフェクト)を使った方が見栄えが良くなる点とか
きちんと基本を押さえないと応用しようとしても時間がかかるだけだったりするところとか
細かいところまでそっくりで面白いです。

料理が好きな方は動画編集やってみると楽しいかもしれないですし、
動画編集をすでにやっている方は料理をやってみても面白いかもしれないですね。

書いていたらお腹がすいてきたので、晩御飯用に何か作ってこようと思います!何にしようかな・・・

まとめ

1

動画制作は料理と工程がそっくり!

2

動画制作は素材集め→編集→書き出しの順番で行われます

3

料理好きな人は動画制作にトライしてみたら面白いかも?