広告運用

Web広告運用に必要な5つスキルとは【広告担当者様向けへ解説】

文字数
文字 / 分
難易度
やさしい

インハウスで広告運用を始めたが、なかなか成果が伸びないという企業も多いのではないでしょうか?
広告運用をしていく中で、
「広告運用で思ったような成果が出ていない」
「広告運用について学びたいが、どんなスキルが必要か分からない」
「広告効果測定方法が分からない」
上記のようなお悩みが生じるかと思います。本記事では、広告運用で成果が出ない広告担当者様へ向けて広告運用に必要な5つのスキルを紹介しています。

Web広告運用に必要な5つスキル

はじめにWeb広告運用に必要なスキルを紹介します。広告運用で成果を出すには、下記5つのスキルが必要です。

1. 知識力
2. マーケティング力
3. クリエイティブの制作力
4. 継続力
5. 分析力

この5つのスキルの詳細について詳しく解説します。

【広告運用に必要なスキル①】知識力

広告運用に必要なスキル1つ目は、知識力です。各広告媒体の特徴を理解しておくだけで、各媒体に合った最適な広告運用が可能になります。

例えば「リスティング広告」は、購買意欲が強い顕在ユーザーの獲得に向いている広告ですし「SNS広告」はこれから自社商品を知ってもらいたい潜在ユーザーの獲得に向いています。

それでは「リスティング広告」「SNS広告」について、もう少し掘り下げてみましょう。

リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジンの連動型広告のため、商品購買意欲が強いユーザーの集客に適しています。自身でキーワード選定する必要があるため、キーワード選定スキルが求められます。

例えば、自社予算が限られている場合「○○ 最安値」などの顕在ニーズが強いキーワードに予算を全て使うのが良いとされています。

逆に「○○ 口コミ」「○○ 比較」などCVから遠いキーワード選定するのは予算に余裕がある時だけにするべきです。

リスティング広告は、他広告媒体に比べて費用が掛かりますが、その分即効性があります。購買意欲が強いユーザーのみに絞るだけでも成果は変わってくるので、これを理解しているだけでも費用対効果の高い広告運用が可能です。

SNS広告

SNS広告は、Facebook、Instagram、LINEなどのタイムライン上に広告出稿するサービスです。

リスティング広告との違いは、ユーザーがすぐに商品を欲していないということです。リスティング広告は商品を探すために検索エンジンを利用している可能性が高く、そのユーザーに対して広告表示させることで購買意欲が高いユーザーを獲得できます。

しかし、SNSのユーザーは商品を探していません。ユーザーはただ単にSNSを利用するためにログインしているだけです。

そのためSNS広告では、商品購入を煽るような目的ではなく、自社商品の気づいてもらうための認知を目的とした広告出稿に優れているということです。

広告運用に必要なスキル②】マーケティング力

広告運用に必要なスキル2つ目は、マーケティング力です。広告運用では、市場と顧客について理解し常に最適なマーケティングを行う必要があります。

マーケティング力をつけるには、下記2つの要素が重要となります。

顧客を理解する力

広告運用では、顧客について理解する必要があります。まずインターネット時代における購買モデルAISASについて理解しましょう。

AISAS 詳細
Attention(認知) 広告で商品を知る
Interest(興味) 商品に興味を持つ
Search(検索) ユーザーが商品を調べる
Action(行動) 商品を購入する
Share(共有) SNSなどで共有する

AISASは、広告で商品を認知し、検索エンジンで商品を調べて、商品を購入するといった、ユーザーがインターネット上で商品購入するまでの流れを可視化したモデルです。

広告運用では、この購買モデルを参考にして、その時にユーザーが知りたい情報を伝えるのが基本となります。例えば、認知段階ユーザーは、商品をまだ知らないので商品の外見などの魅力を画像で伝えるべきです。

逆に、認知段階ユーザーに対して「他社より安い!」「お得なクーポン配布」などの広告出稿をしても、商品に興味がまだないので響きづらいということです。

クーポン配布などは、すでに商品に興味を持っており、購入を迷っているかユーザーか、以前に購入履歴があるユーザーであれば効果的でしょう。

このようにユーザーが「今どの段階で何が知りたいのか」を理解するスキルが広告運用では必要になってきます。

正しいターゲット選定

正しいターゲット選定スキルも広告運用では必須です。どんなユーザーに対して広告出稿するかで成果は大きく変わってきます。現状ターゲットが「20代女性」など広すぎるターゲットの場合は至急改善が必要です。

ターゲットが広すぎると、広告での訴求が難しくなるためです。まずは、自社商品がどんなユーザーに興味を持ってもらえるかペルソナ(仮の人物像)の作成が必要です。

「名前」「住まい」「仕事」「趣味」「家族構成」「日頃使用するSNS」など詳細に作成します。ペルソナが決まれば、人物像に向けた訴求メッセージを作成し、ペルソナに近いユーザーに広告出稿しましょう。

こうすることで「20代女性」などの広いターゲットに訴求するよりも、効果が見込める広告配信が可能となります。

【広告運用に必要なスキル③】クリエイティブの制作力

広告運用に必要なスキル3つ目は、クリエイティブ制作力です。広告運用で成果を出すにはユーザーが目を止めるようなクリエイティブを制作するスキルが求められます。

自社商品のクリエイティブを制作する際は、3つの価値観を使い分けることで商品の魅力を最大限引き出すことが可能です。

【価値観①】機能価値

機能的価値は、商品の特徴によってもたらされる価値です。「安い」「美味しい」「簡単」
などの機能面を前面に押し出したクリエイティブでユーザーに訴求します。

【価値観②】自己表現価値

自己表現価値とは「自信がモテる」「自分らしくいられる」など理想の自分に近づけるための価値です。自己表現に訴えるクリエイティブを制作することでユーザーに響く可能性が高くなります。

【価値観③】情緒的価値

情緒的価値とは、商品を利用することでユーザーがプラスになる価値です。「楽しい」「かわいい」「安心」などを商品よって得ることで感情の変化が現れます。商品購入した後のユーザーの感情変化を軸にクリエティブ制作をしてみましょう。

【広告運用に必要なスキル④】継続力

広告運用に必要なスキル4つ目は、継続力です。広告運用業務は毎日どれだけコツコツ作業できるかで成果が変わってきます。

広告運用の基本の流れは、企画→実行→分析→改善を繰り返し行います。これをPDCAサイクルとも言います。

そのため、本業が忙しい方だと広告運用が困難となるので、広告代理店への依頼なども視野に入れると良いでしょう。

【広告運用に必要なスキル⑤】分析力

広告運用に必要なスキル5つ目は、分析力です。広告運用では、効果を分析しどのように改善して行くかのスキルが重要とされています。分析には主に下記2つの方法があります。

広告指標の分析

広告運用の分析を行う上では、運用型広告で使用されている指標を活用した分析が必要となります。例えば、前月に比べてCV単価が下がったとします。その場合、考えられる原因は下記の通りです。

1. CV率が下がった
2. クリック単価が上がった
3. クリック単価が上がり、CV率が下がった

CV率とクリック単価についても指標を確認し原因追求します。原因によって取るべき改善方法が下記のように異なってきます。

原因 対策
CV率が下がった 誘導先のHPの改善

ターゲットの見直し

CVのハードルを下げる

クリック単価が上がった クリック数の最大化する

クリエイティブに見直し

コンテンツターゲティングの利用

こうように1つの指標から、原因を掘り下げて原因を追求していくスキルが必要となってきます。

誘導先LPの分析

広告運用の分析では、誘導先LPの分析も必要です。広告をクリックしたユーザーはLPへ移動し、LP上でCVするか判断するためです。LPの分析にはGoogleアナリティクスを利用するのが一般的です。

例えば、問合せ獲得がCVだと仮定して、問合せフォームでの離脱率が高い場合は、入力するフォームが多くてユーザーが離脱しているかもしれません。

TOPページでの離脱率が多い場合は、LPの表示速度に問題があるかもしれません。広告運用では、広告の指標以外にも誘導先のLP上でのユーザー行動も分析するスキルも必要になってくるということです。

Web広告運用に必要なスキルを磨く方法

Web広告運用に必要なスキルについて紹介しました。しかし、必要なスキルが理解できても「スキルを磨くには具体的にどうすれば良い?」と思う方も多いでしょう。

そんな方向けに、Web広告運用に必要なスキルを磨く5つの方法を解説します。下記方法を実践し、自社の広告運用を成功させましょう。

【スキルを磨く方法①】Web上で最新情報を入手

スキルを磨く方法1つ目は、Web上で最新情報を入手する方法です。Web広告代理店の提供するノウハウ記事を参考にするなどの方法が挙げられます。

Web広告の情報は、移り変わりが早いため常に自身でアンテナを張っておく必要があります。しばらく、広告運用をしていなかったら「広告媒体の仕様が変わっていた」というケースも充分に考えられます。

チャンスを逃さないためにも、常にインターネット上で最新情報を入手しながら、広告運用スキルを磨いていきましょう。

【スキルを磨く方法②】各広告媒体のヘルプをチェックする

スキルを磨く方法2つ目は、各広告媒体のヘルプをチェックする方法です。広告媒体が設けているヘルプページを閲覧し、自社が出稿している広告媒体の課金方法やターゲティングを頭に叩き込みましょう。

これにより、各媒体の特徴を最大限生かした広告運用が可能となります。各広告媒体のヘルプページは下記の通りです。

広告一覧 ヘルプページURL
Google広告 https://support.google.com/google-ads/?hl=ja#topic=9803759
Yahoo!広告 https://promotionalads.yahoo.co.jp/
LINE広告 http://help2.line.me/admanager/win/categoryId/20007426/pc?lang=ja
Facebook広告 https://www.facebook.com/business/help
Twitter広告 https://business.twitter.com/ja/help.html
TikTok広告 https://support.tiktok.com/ja/
SmartNews広告 https://www.smartnews-ads.com/tags/help/

【スキルを磨く方法③】書籍で広告運用を学ぶ

スキルを磨く方法3つ目は、書籍で広告運用を学ぶ方法です。「リスティング広告」「SNS広告」など各媒体のノウハウが書かれている書籍が多く発売されているので、そちらを利用します。

また、書籍を購入する際は、出版された期間ができるだけ直近のものを選ぶようにしてください。出版時期が古いものだと、広告媒体の仕様変更等によりノウハウが活用できないケースがあるためです。

【スキルを磨く方法④】認定資格取得を目指す

スキルを磨く方法4つ目の方法は、認定資格取得を目指す方法です。各広告媒体には、広告運用知識を証明するための認定資格が用意されています。

認定資格取得は、自身のキャリアアップにも繋がりますし、広告運用スキルを磨くためにも非常に効率が良い方法となります。Googleだけでも下記のような認定資格が用意されています。

Google検索広告の認定資格

Google検索広告の認定資格は、リスティング広告に関する認定資格です。リスティング広告のキーワード選定、入札システムへの理解、運用方法についての理解が求められます。

書籍で学ぶか、Googleが提供するカリキュラムを受講して認定資格取得を目指します。

費用 無料
カリキュラム https://skillshop.exceedlms.com/student/path/17395-google
申し込みフォーム https://skillshop.exceedlms.com/student/path/18151-google
Googleディスプレイ広告認定資格

Googleディスプレイ広告認定資格は、Googleのディスプレイ広告(バナー広告)の専門知識に関する認定資格です。学習方法に関しては、Googleが提供するカリキュラムを受講し、資格取得を目指します。

カリキュラム受講と資格取得のためのテスト費用は無料となっています。

費用 無料
カリキュラム https://skillshop.exceedlms.com/student/path/18068-google
申し込みフォーム https://skillshop.exceedlms.com/student/path/18068/activity/25131
Google動画広告認定資格

Google動画広告認定資格は、YouTubeに出稿する広告フォーマットやクリエティブ制作に関する知識が求められる認定資格です。

費用 無料
カリキュラム https://skillshop.exceedlms.com/student/path/17553-
申し込みフォーム https://skillshop.exceedlms.com/student/path/18232-google
スキルを磨く方法⑤】広告運用業務から学ぶ

スキルを磨く方法5つ目は、広告運用業務から学ぶ方法です。広告運用の知識を勉強するのも良いですが、効率良くスキルを磨くには実践が1番です。

例えば、広告運用で実施したターゲティング設定などのアカウント施策は必ず記録するようにして下さい。これにより、施策ごとに答え合わせができるようになるためです。

ターゲット変更、配信時間変更、クリエティブの内容変更などの際は、変更前後で結果がどのように変わったかを自社で分析し改善していくことで、広告運用スキルを磨くことができます。

広告運用スキルを身に付けるにはプロへの相談が一番の近道

今回紹介した広告運用スキルを身に付けるには、広告セミナーへの参加や書籍による独学など様々な方法がありますが、どれも時間がかかるものがほとんどです。

いち早く、広告運用スキルを身に付けたい場合は、広告運用のプロへの相談が一番の近道です。弊社では年に100件以上の支援を行なってきた《広告運用のプロ》による無料相談サービスを提供しています。
オンラインMTG、あるいはお電話にて30分程度の無料相談を実施後、必要な場合はイメージ素材やストーリーのご提案資料を無料で作成いたします。営業活動やしつこいメール勧誘などは一切ございませんので、こちらよりお気軽にご利用ください。

いち早くスキルを身に付けたい場合は、広告運用のプロへの相談が近道となります!

まとめ 広告運用に必要なスキル

1

知識力

2

マーケティング力

3

クリエイティブの制作力

4

継続力

5

分析力