企画・戦略

YouTube広告でCVR向上!コンバージョンにつなげるコツ4選

文字数
文字 / 分
難易度
やさしい

YouTube広告をはじめ、動画広告を配信する企業が増えています。巣篭もり需要もあってかYouTubeが多くの人気を集めているだけでなく、TwitterやInstagramなどといったユーザー数の多いSNSにも配信できるため、より多くの効果を期待できるからです。

また、動画で表現できる広告という特性上、訴求力に長けているのも事実。静止画やテキストでは説明できないこともアピールできるため、認知度だけでなく購買意欲の向上にも貢献するのが動画広告と言えます。

しかし、YouTube広告を配信したからと言って、誰でもすぐに効果があるかと聞かれたらそうではありません。商品の購入などのCV(コンバージョン)にまでユーザーを動かすには、いくつかのコツを押さえておくべきです。

そこで今回は、YouTube広告でCVRを上げるためのコツを中心に紹介していきます。

CVRを上げたいなら動画広告がおすすめ

どのような手を尽くしてもCVRが伸び悩んでいるという場合には、YouTube広告をはじめとする動画広告が非常におすすめです。
しかし、動画広告が効果的なのはなぜなのでしょうか。

ここでは、理由を3つに絞って説明していきます。

短時間で効果的にアピールできる

動画広告は2分以上あるものもありますが、15秒以内というとても短いものも少なくありません。
しかし、15秒以内という非常に短い時間であっても、動画で表現できることによって効果的にアピールすることができます。

たとえば、「毎日の献立を考えることに悩んでいる人が、どうすればいいのか考えているところ、友人からとあるレシピアプリを教えてもらいました。
そのアプリを使い始めてからは、毎日の負担が少し減って料理が楽しくなったようです」というストーリーを、テキストで説明するには意外に文字数が多く、静止画で説明する場合にも分かりやすくするためには量が必要になります。
一方、ユーザーにとってはなるべく短い時間で分かりやすく伝えてもらえた方がストレスがありません。

その点YouTube広告などの動画広告の場合には、献立に悩む人がいる・友人にアプリを教えてもらう・悩みが解決するという流れを非常に分かりやすく短い時間で表現することができます。
短い時間であっても分かりやすく伝えれば印象に残りやすく、CVRの向上にもつながるのです。

また、テキストや静止画ではなく動画でアピールできることにより、映像だけでなく音声も活用することができます。
ながら視聴の人や動画に注意を向けていない人がいたとしても、聴覚に訴えかけられるのがメリットでしょう。

購買意欲をかき立てるリアルさを演出

動画広告の場合、テキストや静止画を利用するよりも、さらにリアルな演出が可能なのもCVR向上につながるポイントです。

たとえば、「この美顔器からはラジオ波が放出されており、温熱作用によって肌のハリやつやが生まれるだけでなく、血流やリンパの流れが促進されることでダイエット効果も期待できます」とテキストで説明されるよりも、実際に美顔器を使用しているシーンを撮影し、美顔器を当てた方だけがリフトアップしている様子を写した方が、「こんなに効果があるなんて、私も使ってみたい」と購買意欲を掻き立てることができるでしょう。

この例からも分かるように、よりリアルで具体性の高い内容である方が、ユーザーの「使ってみたい」や「なんだか気になる」という気持ちにつながります。

リアルで具体性の高い内容を広告にできるのが、動画広告なのです。

スマートフォンとも相性が抜群

現代では多くの人がスマートフォンを所持しており、さまざまなSNSを通じて情報を発信したり得たりなどしながら過ごしています。

たとえば日本国内においても多くのユーザー数を誇るTwitterは、2020年10月時点、世界中で3億5,000万人ものユーザー数を記録。
多くの人がSNSを利用していることがうかがえるでしょう。

つまり、何かを宣伝するためにはうってつけの場であるということが分かります。

その点動画広告であれば、YouTubeをはじめTwitterやInstagram、FacebookなどのSNSにも配信することが可能。
日本国内のみで8,600万人ものユーザー数を記録しているメッセージアプリ、LINEにも配信することができます。

SNSのタイムライン上になるべく自然な形で広告を掲載できるなど、敬遠されがちな“広告らしさ”を薄められるのも動画広告のメリット。
動画広告は、スマートフォンやSNSの利用が当たり前となった現代と、非常に相性のいい広告といえるでしょう。

YouTubeなどの動画広告でCVRをあげるコツ4選

動画広告がどれだけ効果的なのかを改めて確認できたところで、YouTubeなどの動画広告を活用しCVRを上げるためには、どのような点に注意するべきなのかをチェックしていきましょう。
以下の4点に注意を払うだけで、動画広告の効果に変化が見えるはずです。

ターゲットや媒体を明確に

YouTube広告をはじめとする各種動画広告でCVRを上げるためには、まずはじめにターゲットや媒体を明確にしておきましょう。

先ほどの例と同様に、とある美顔器を宣伝したい会社があると仮定します。
肌のハリつやアップ、小顔効果などを見込める美顔器なので、エイジングケアに力を入れ始める30代女性がメインターゲットです。

30代女性というところまでしかターゲットを設定してないと、動画広告の効果を最大限に享受することはできません。
職業や趣味嗜好、どのような性格なのか、どのような行動パターンを取る傾向があるのかなどまで設定し、ターゲット像をより具体的にしましょう。

また、「エイジングケアに興味のあるような、美容に敏感な30代女性」に動画広告を見てもらう必要があるなら、逆算してどの媒体で配信するのが最適なのかを考えなければなりません。
この場合、20〜30代ほどの、流行に敏感な女性が多く使用しているInstagramにて配信するのが効果的と予想されます。

このように、まずはターゲットを明確にし、ターゲットにより多く見てもらえる媒体はどれなのかまで考えておきましょう。

ユーザーを誘導できるようなインパクトを出す

YouTube広告をはじめとする動画広告でCVRを上げたいなら、ユーザーをCVへと誘導できるようなインパクトを演出しなければなりません。

たとえば、5秒後にスキップすることのできるタイプのインストリーム広告の場合、冒頭5秒間のインパクトが弱く、ユーザーにとって何にも訴えかけないものとなってしまっては、ほぼ確実にスキップされてしまいます。
そもそも、目当ての動画を見る前や視聴中などに強制的に動画広告を見せられている状況なので、ユーザーのほとんどは「早く動画が見たい」と考えており、広告主からすれば非常に不利な状況と言えるでしょう。

そのような不利な状況であってもCVしてもらうためには、限られた時間の中でもインパクトを残さなければなりません。
「最近毛穴のたるみでお悩みのあなた!」とターゲットに直接呼びかける、思わず目を取られるようなスピード感ある冒頭にするなど、インパクトを出すためのさまざまな工夫を凝らしましょう。

サイトの導線設計を組み直す

YouTube広告をはじめとする動画広告でCVRを上げたい場合には、サイトの導線設計を組み直す必要があります。

動画広告を配信する際には、ユーザーに最終的なコンバージョンへと進んでもらうための道筋=導線を用意しなければなりません。
たとえば、美顔器に関する資料請求をしてもらうことが最終的な目的である場合には、「動画広告を視聴してもらう→動画広告からサービスサイト(ランディングページ)へと遷移してもらう→サービスサイトのエントリーフォームから資料を請求してもらう」という流れとなるでしょう。

動画を視聴してもらうことには成功したとしても、動画視聴後の導線設計がしっかりと組まれいなければ、最終的なコンバージョンにはつながりません。
A/Bテストを行うなどして、よりスムーズで効果的なな導線設計を組むよう心がけるべきです。

広告運用を行う

ターゲットを明確に設定し効果的な配信媒体まで考慮したのち、インパクトのある動画広告を制作して、動画視聴後の導線設計まできちんと行ったならば、あとは地道に広告運用を行っていくのみです。

広告運用においては、効果測定が非常に重要な意味合いを持ちます。
たとえば「新しい美顔器が発売となることを“知ってほしい”」という場合には、広告運用をする中で認知度向上に貢献しているのかどうかを図らなければなりません。
視聴回数は伸びているのか、視聴してくれたユーザー数はどのくらいかなどをチェックする必要があるでしょう。

一方、「なかなか販売数が伸びない美顔器について知ってもらい、“より詳しい情報を知りたいと思ってほしい”」という場合には、ユーザーを購入検討の段階にまで持っていくことが目的となるため、動画広告の完全視聴率や再生時間などをチェックしなければなりません。

それぞれの目的に沿って効果測定を行い、課題の発見→改善をスピーディに行える体制を作りましょう。

YouTube広告を適切に使い分けるのも大切

YouTube広告は非常に効果的なプロモーション方法ですが、種類は1つではありません。
CVRの向上を狙うなら、複数ある形態の中でより適切な形を選ぶことが非常に重要です。

ここでは、それぞれの目的別におすすめの広告を紹介していきます。

動画広告を必ず見てほしいならTrueViewインストリーム広告

「YouTube広告を配信するからにはユーザーに必ず視聴してもらいたい」とお考えの場合には、TrueViewインストリーム広告がおすすめです。

ユーザーがスキップ可能であるものと不可能なものとの2種類あり、スキップが可能であるタイプであれば冒頭の5秒間だけ必ず視聴してもらうことができます。
一方スキップ不可能なタイプの場合、15秒〜20秒の動画広告を最後まで見てもらうことが可能です。

冒頭の5秒間、あるいは15秒ほどの動画広告を必ず見てもらうことができるため、認知度のアップを第一に考えているという場合などにぴったりでしょう。

広告費用の無駄を抑えたいならTrueViewディスカバリー広告

「YouTube広告の運用では、とにかく広告費用の無駄を抑えたい」という場合には、TrueViewディスカバリー広告がおすすめです。

TrueViewディスカバリー広告は、インストリーム広告とは異なり動画の再生中に流れることはありません。
TrueViewディスカバリー広告が表示されるのはYouTubeの検索結果ページであり、ユーザーが自らクリックしない限り再生されません。

ユーザーが能動的にクリックしてくれている=すでに興味を持ってくれているという状況であり、クリックされない限り費用は発生しないため、広告費の無駄を抑えたいならうってつけでしょう。

とにかく多くの人に知らせたいならバンパー広告

「YouTube広告を配信するからには、サービス/商品の認知度を大きく高めたい」という場合、バンパー広告がおすすめです。

TrueViewインストリーム広告のように、動画が始まる前や再生中、動画の終わりに差し込まれる動画広告ですが、TrueViewインストリーム広告と異なるのはスキップすることができないというポイントです。

TrueViewインストリーム広告はスキップできるもの・できないものの2つがありましたが、バンパー広告はスキップできないタイプしかありません。
動画の尺はたったの6秒しかなく、TrueViewインストリーム広告に比べると非常に短いですが、スキップすることができないため確実に視聴してもらうことができます。

短い間でどれだけ訴求できるのかが決め手となるでしょう。

広告費用に余裕があるならマストヘッド広告

「YouTube広告に割く広告費用に余裕がある」という場合には、マストヘッド広告がおすすめです。

マストヘッド広告とは、YouTubeのトップページ上部に表示される動画広告のこと。
YouTubeのトップページという多くのユーザーが目にする場所に広告を配置できるため、かなりの費用がかかるものの宣伝効果としては非常に長けているでしょう。

ちなみにマストヘッド広告は、Googleの担当者を通じて予約しなければ利用できないので注意してください。

YouTubeなどの動画広告でありがちな悩み

YouTube広告はその配信形態までこだわることでより効果が上がることが分かりましたが、運用や配信のコツが分かっても、さまざまな面で難航することが少なくありません。

YouTube広告などの運用では、どのような悩み・課題がありがちなのでしょうか。

動画広告を制作・運用するリソースが足りていない

YouTubeをはじめとする動画広告に挑戦しようと思っても、そもそも動画広告を制作・運用するリソースが足りていないという場合が少なくありません。

動画広告は、ただ動画を配信すれば効果が出るという簡単なものではなく、ターゲット設定を行ってから訴求力のある動画を制作し、効果的であると思われる媒体で配信したのち、効果測定を行って改善していく必要があります。つまり、技術や知見を持ったリソースが必要となるということです。

「どの会社もやっているから……」と安直に手を出してしまうと、リソース不足でうまく回らず結局はコストの無駄、なんてこともあるかもしれません。

作って終わってしまい分析ができていない

納得いく動画広告を作成できた、配信も無事行えている、という満足感が上回ってしまい、動画広告を配信してからどうなったのかという点の効果測定や分析が蔑ろになってしまうパターンがあります。

その場合、より成果をあげるための改善点もわからぬまま広告費だけが取られていき、肝心のコンバージョンなどにはつながっていきません。

効果測定や分析の重要性が分かっていない、あるいは重要性を知っていてもそこに割くリソースがない、という場合に生じてしまう課題と言えます。

PDCAサイクルを適切に回せていない

仮説を立てて動画広告を作成する、実際に配信して検証する、配信結果を測定し改善点を見つける、改善点を考慮し新たな動画広告を作成する、再び配信する……というPDCAサイクルを回していかなければ、動画広告の運用は成果につながりません。

継続的にPDCAを回すことのできる体制が整えられていないと、成果につながるまではどうしても時間がかかってしまうでしょう。

YouTube広告などの制作・運用は外注がおすすめ

リソースが足りていない、分析まで行う余裕もない、PDCAサイクルを回せない……こういった悩みがある場合には、動画広告の運用に長けている会社に外注すると安心です。

「外注するとなると費用が気になる……」という人もいるかもしれませんが、せっかく動画広告に挑戦したにも関わらず、なかなか効果につながらないまま広告費用だけかさんでいくよりも、ターゲット設定に始まり広告運用までまとめて相談した方が、トータルコスト的にはお得になる可能性もあるでしょう。

プロに相談したいなら動画広告フラットへ

動画広告に関するお悩みを気軽に相談したいなら、日本唯一の動画広告定額制サービス「動画広告フラット」がおすすめです。

「動画広告フラット」は、動画制作のみならずWebサイトの制作や広告運用などを総合的にサポートしてもらえるにも関わらず、月額たったの8万円で利用可能。

非常にコストパフォーマンスに優れているので、動画広告運用で成果をあげたい、費用の無駄なく運用していきたいという場合にはぜひご利用ください。