動画制作

動画制作はプロに頼もう!動画制作会社のオススメの選び方3選

文字数
文字 / 分
難易度
やさしい

企業の業務で使用する動画を制作する際は動画制作会社に作成を依頼するのがおすすめです。動画制作会社に依頼するメリットや、動画制作会社の選び方を紹介します。

対象者

・動画制作会社をお探しの方
・動画制作会社が多すぎて、どこに依頼すればよいのかわからない方

動画制作を行う際には、動画制作や動画広告を専門にしている会社に依頼するのがおすすめです。営業・広告や研修などで動画を活用する企業は増えていますが、社内で一から動画を作成する場合、「動画制作を何から始めたらいいかわからない」「広告に適した動画を作るノウハウがわからない」と悩むケースは少なくありません。

動画制作会社に依頼するとコストはかかりますが、自社で制作するよりも目的に合わせたハイクオリティな動画が短期間で完成します。そこでこの記事では

  • 動画制作会社に依頼するメリット
  • 動画制作会社の選び方

これら2点を中心に紹介します。

動画制作会社に依頼するメリット

まずは動画制作会社に依頼するメリットを確認していきましょう。

動画を制作するノウハウやプロ仕様の機材などを持っている

動画制作を専門に行なっている会社は、動画を制作するノウハウに長けています。

最近では個人でもYouTuberとして動画制作を行っている人はいますが、プロの制作会社が制作した動画とは「見せ方」という点で圧倒的に劣っていることがわかります。プロが作る動画は編集やBGM、SEといった効果を含めて「見せ方」のノウハウを活かして作られているため、素人の動画よりも優れた作品を作ることができます。

また動画制作会社では、カメラやレンズ、ドローン、クレーンなど個人では所有できないプロ仕様の撮影機材を使用しています。撮影スタジオや動画編集スタジオ・編集ソフトも専門のものを使用しており、個人がパソコンでできる作業よりも幅の広い表現をすることが可能です。

クオリティの高い動画を制作できる

動画制作会社に依頼する最大のメリットは、クオリティの高い動画を制作できるという点です。

自分の会社の業務や広告で使う動画であれば、当然クオリティを追求しなくてはなりません。ウェブサイトやYouTubeなどに掲載する動画でも、テレビCMと同等のクオリティを求めることは少なくないでしょう。クオリティの低い動画では潜在的な顧客を引きつけることもできませんし、自分の会社の印象や信頼度を下げてしまうおそれがあります。

そのため、広告として自社や製品のイメージを上げられるような、クオリティの高い動画を制作できる動画制作会社を選んで依頼する必要があるのです。

ターゲットに対して的確な動画を制作できる

運用や広告なども手掛けている動画制作会社は、潜在的な顧客などのターゲットに対して的確な動画を制作することができます。

広告用の動画の構成・内容や演出、運用に対しての企画提案までバックアップしてくれる動画制作会社も多く、多角的な視点から動画を有効活用することが可能です。

動画制作の方法について一から学ぶ必要がなくなる

社内で動画制作を行う場合、動画制作の方法については一から学ばなくてはいけません。

動画制作を専門にしている部署を持っている企業は多くないため、広報や営業・宣伝などを行う部署で、いわば「素人」が動画制作を行わなくてはいけません。素人が動画を1本完成させるだけでも非常に手間と労力がかかりますが、業務で使用できるレベルの動画を制作するにはさらに時間がかかります。通常の業務の一環として制作するには負担が大きすぎると言えるでしょう。

専門の動画制作会社に依頼することで、これらの手間を短縮することができます。

動画制作会社の選び方:知識や専門性の偏りのない会社を選ぶ

動画制作会社を選ぶ際は、知識や専門性の偏りのない会社を選ぶことがポイントです。希望する種類・ジャンル・目的に合った動画を制作できるかどうか、必ず確認しましょう。

制作会社によって得意分野が異なる

動画制作会社によって、制作する動画の得意分野は異なります。

動画の種類は主に以下のものがあり、複数のジャンルにまたがって制作を行う制作会社もあれば、1つのジャンルを専門に行う制作会社もあります。

 実写動画
 アニメーション動画
 CG動画
 モーショングラフィックス動画
 特殊効果やVR動画

また、動画の用途についても制作会社によって得意な分野がある場合が多いです。

 研修・教育動画
 採用・会社紹介動画
 広告動画
 販促・キャンペーン動画
 営業ツール
 ミニドラマ

動画の制作実績を確認してみよう

動画制作会社の得意分野や企画力・運用について知りたい場合は、その会社の制作実績を確認してみましょう。

動画制作会社は、これまで制作した動画のサンプルを持っています。一部がウェブサイトで掲載されている場合もありますが、問い合わせの際に多くのサンプルを見せてもらえる場合が多いです。制作した動画を見ることができれば、動画のクオリティや、作りたい動画のイメージに合っているかどうかを確認できます。

また大手企業との取引・制作実績がある会社や、自社の業種に近い会社の動画を制作した実績がある会社は、信頼して任せることができます。大手企業はCMとして利用できる程度のクオリティの動画制作を依頼することが多いため、

自分の希望する運用に適した動画を制作してもらえるか?

動画の運用法は多岐にわたりますが、自分が希望する運用方法に適した動画を制作してもらえるかどうかも確認しましょう。問い合わせや相談を無料で行える動画制作会社は多く、

特に動画を広告で使いたい場合は動画制作会社だけでなく広告代理店や広告会社に動画制作を依頼することもあります。広告会社や広告代理店のなかには「リスティング広告のみ」など専門が偏っている場合もあるため、幅広い運用方法に精通している制作会社を選ぶとよいでしょう。

動画制作会社の選び方:個別対応をしっかり取ってくれる会社を選ぶ

動画制作会社を選ぶ際には、担当者が個別対応をしっかり取ってくれる会社を選びましょう。

コミュニケーションは非常に重要!

動画を制作する際、コミュニケーションを密に取ることが非常に重要です。希望通りの動画を作るためには、以下のようなポイントについてもイメージやニュアンスを詳しく伝える必要があります。

l  どのような動画を作りたいか(全体像)
l  どのような目的で作りたいか
l  フォーカスしたいポイント
l  全体の雰囲気
l  動画の長さ(尺)
l  BGM・SEなどの音響効果

そのため、電話やメールなどのやりとりやミーティングなどで、こまめにコミュニケーションを取れる動画制作会社を選びましょう。
また、こちらの意図が正確に伝わるかどうかなど、特に以下のポイントに注目するとよいでしょう。

l  連絡の取りやすさ
l  コミュニケーションのしやすさ(話しやすさ)
l  こちらの説明への理解の速さ

担当者が個別対応を取ってくれることが重要

動画制作会社と密にコミュニケーションを取るためには、専任の担当者が個別対応を取ってくれることが非常に重要なポイントです。

窓口になってくれる担当者がいることで、質問や要望などを伝えやすくなり、進捗状況なども確認しやすくなります。責任の所在が明らかになるというメリットもあるので、個別対応をしてくれるかどうか確認しておくと良いでしょう。

レスポンスの速さと丁寧さで判断しよう

連絡をしたときのレスポンスの速さや応対の丁寧さも動画制作会社を選ぶ際の判断材料になります。当日中、あるいは遅くとも24時間以内に何らかの返答がある企業なら、変更や修正があった場合でも納期が後ろ倒しになることは少ないでしょう。逆に2〜3日返答がないという制作会社はレスポンスが遅いと判断してよいでしょう。

メールなどへの返信の速さはもちろんですが、質問に対して迅速・的確な対応をしてくれることを重視しましょう。動画を制作する際には企画段階から納品まで、非常に多くの工程があります。そのため、途中で疑問点や不明点・不安点などが発生したり、方針や方向性のすり合わせを行う必要がでてきます。レスポンスが早ければ、変更が生じてもすぐに対応することができ、当初のスケジュールに遅れることなく制作を進めることができます。特に以下のポイントに注目して判断するとよいでしょう。

l  連絡や質問への回答・返信が素早いかどうか
l  回答・返信が丁寧かどうか
l  工程に変更や遅れが生じた場合の対応が早いかどうか
l  こちらの知らないノウハウについて丁寧に解説してくれるかどうか

提案してくれる企画内容やスケジュールも要チェック

動画制作会社は動画制作・運用のプロフェッショナルです。

当然、依頼者側がプロのアイデアや経験・実績に基づいた意見を制作会社に求めたいというケースは少なくありません。そのため、企画力や作業フロー・スケジュールの提示などにも注目しておきましょう。

l  目的に合った企画を提案してくれるかどうか
l  こちらが気が付かないようなアイデアを発案してくれるかどうか
l  希望やイメージをしっかり汲み取っているかどうか
l  具体的な実績に裏付けされた企画を提案してくれるかどうか
l  希望に合わせたスケジュールを提案してくれるかどうか

 

まとめ

1
2
3