広告運用

広告媒体の正しい選び方【自社に合った広告媒体が見つかります】

文字数
文字 / 分
難易度
やさしい

企業の商品やサービスのPRに有効な広告ですが、広告と一口に言ってもテレビ、インターネット、屋外広告など様々な媒体があります。

自社で広告出稿を検討する上で、

「広告媒体にはどんな種類があるか」

「各広告媒体の特徴や費用感が知りたい」

「自社に合った広告媒体がどれか知りたい」

上記のようなお悩みが生じるかと思います。本記事では、企業の広告担当者様へ向けて広告媒体の「特徴」「費用感」「選定方法」を紹介しています。

対象者

代表的な広告媒体は3種類

広告媒体は大きく分けると3つの媒体に分類できます。それぞれ特徴が異なるため、企業の方針に合わせた選定が必要となります。それぞれの詳細は下記の通りです。

マス媒体

マス媒体とは、テレビやラジオなどに広告掲載する媒体です。各広告媒体の中でも高い認知効果を得られるのが特徴となっています。

SP媒体

SP媒体とは、交通期間内の広告やDM、チラシなどの媒体です。ピンポイントな訴求が行えるのが特徴となっています。

インターネット媒体

インターネット媒体は、Webサイト、SNS、検索エンジン上に広告出稿が可能な媒体です。詳細なターゲティングと費用対効果の高さから、近年需要が高まっている広告媒体となります。

マス媒体

マス媒体の広告一覧は下記の通りです。

テレビ広告

テレビ広告は、番組視聴中に流れるCMのことです。広告媒体の中でも多くのユーザーに対してリーチできるのが最大の特徴です。テレビ広告は、タイムCMとスポットCMの2種類に分類されます。
タイムCMは、枠が決まっているCMで番組の視聴者層を狙ったアプローチが可能な点と、番組中のスポンサークレジットに企業名が表示される特徴があります。
スポットCMは、テレビ番組の枠と関係なく放映されるCMのことです。

テレビ広告の費用感

テレビ広告の費用は、放映費と制作費で決定します。放映局によっても費用は異なりますが、東京キー局で1回CMを放映するのであれば、
「75万円(1回あたりの放映費)+70万円(制作費)=約145万円」の費用が掛かります。また、視聴率によってもテレビ広告費用は変動します。

ラジオ広告

ラジオ広告は、ラジオ番組の放映中に流れるCMのことです。テレビ広告と同じでタイムCMとスポットCMに分かれます。
テレビCM広告と比べコストが掛からないため、地域密着企業が多く採用している広告媒体となります。

ラジオ広告の費用感

ラジオ広告の費用感については、千葉県のローカルラジオbay fm78を例に紹介します。午後7時のゴールデンタイムにCMを放映する場合のスポット料金は下記の通りです。

CMの秒数 費用
20秒 40,700円(税込)
10秒 27,500円(税込)
5秒 16,500円(税込)

引用:RADICOM

雑誌広告

雑誌広告は、紙媒体で発売される各ジャンルの雑誌内に掲載される広告です。グルメ好きがターゲットであれば、グルメ雑誌に広告を出稿するなど、趣味趣向を加味したターゲティングが可能となっています。

雑誌広告の費用感

雑誌広告費用は、発行部数などで大きく異なります。例えば、女性向けの週刊誌や月間誌の場合は、高くても1ページで270万円、安くても100万円程度の費用感となります。
雑誌広告費用は言い値感も強く、複数広告を掲載すると費用が割り引かれるのも特徴と言えます。

新聞広告

新聞広告は、新聞内に掲載される広告のことです。全面に表示される広告や記事の下に掲載する記事下広告など様々な用途の広告面があるのが特徴です。新聞は信用度が高い媒体となるため、企業広告などに向いている媒体と言えます。

新聞広告の費用感

新聞広告の費用は、出版社により異なります。朝日新聞社であれば、記事中広告(広告サイズ横25mm×縦40mm)で約40万円で掲載可能です。地方紙であれば半額以下で掲載可能です。

引用:新聞広告ナビ

SP媒体

SP媒体の広告一覧は下記の通りです。

交通広告

交通広告は、電車、バスの外側または内側に掲載される広告です。中刷り広告やラッピング車両とも呼ばれています。交通機関の利用者多い地域ほど多くのユーザーに広告が見られるため、都心向けの広告媒体となっています。

交通広告の費用感

交通広告の費用感については、広告掲載期間や広告サイズによっても大きく変動します。仮にJR東日本の山手線にて、1週間の期間で広告サイズB3の広告を掲載した場合の費用は約217万円です。広告数は800枚となります。

引用:ORICOM.

屋外広告

屋外広告は、公衆に表示される屋外の広告です。ポスター、電柱広告、電気看板などが屋外広告となります。屋外広告は365日間ずっと人目に入るので広告媒体の中でも持続性の高い広告といえます。

屋外広告の費用感

屋外広告の費用感はピンキリです。渋谷のハチ公前に屋外広告は、2週間の掲載で2,000万円程費用が掛かります。都内都心部に電柱看板を設置した場合は1カ月あたり3,000円程度です。

引用:神楽坂編集室

DM

DMは、顧客の自宅に広告を届ける紙媒体の広告です。ターゲティングを工夫することで高い費用対効果を得ることができます。キャンペーンのお知らせなどで利用されるケースが多い媒体となります。

DMの費用感

DMの費用感は、送付するDMが「はがき」「封筒」なのかで異なります。詳細は下記の通りです。

DMの種類 1通辺りの費用
はがき 70円~
圧着はがき 90円~
封書DM 80円~

これとは別に顧客リストを自社で保有していない場合はリストの購入代、DMのデザイン依頼する場合は、デザイン費用も別途必要になります。

チラシ

チラシは、新聞と一緒に自宅に届けられる紙媒体の広告です。エリアの絞り込みが可能な点とファミリー層に強い特徴があります。

チラシの費用感

チラシの費用は、1枚あたり3円~9円程度と言われていますが、地域により大きな差があります。また、3円~9円というのは、配布費用のみなので、チラシ制作費と印刷費が別途必要となります。

インターネット媒体

インターネット媒体の広告一覧は下記の通りです。

純広告

純広告は、特定のメディア枠を購入し広告出稿する媒体です。インターネット媒体としては高額となりますが、多くのユーザーにリーチが可能となっているため、企業ブランディングに最適な出稿方法となっています。
純広告の代表的な種類は下記4つです。

【純広告①】リッチ広告

リッチ広告とは、Webサイト上にて多くの占有率を誇る純広告です。リッチ広告の代表例としてはYahooのTOPページなどが挙げられます。ユーザーの目につきやすいのが特徴です。

【純広告②】バナー広告

バナー広告は、Webサイト上に表示される純広告です。リッチ広告よりも占有率が低い広告となるので、費用が安価なのが特徴です。自社商品と関連性のあるWebサイトに広告出稿することで広告効果が見込みやすくなります。

【純広告③】タイアップ広告

タイアップ広告とは、特定のWebサイトの記事上に広告出稿できる純広告です。まとめサイトなどのメディアと連携することからタイアップ広告と呼ばれています。メディア媒体のブランド力を生かした訴求ができるのが特徴となっています。

【純広告④】メール広告

メール広告とは特定のWebサイトに会員登録しているユーザーに対してメールにて広告出稿する純広告です。会員全てにメールすることも可能ですし、会員登録時に記入する性別、住まい、趣味などのユーザー属性で絞り込みした上で、広告出稿することも可能です。

純広告の費用感

純広告の費用は、掲載メディアにより大きく異なります。例えば、175億PV/週のYahooのTOPページの場合は、6600万円程の費用が必要です。
ただし、PV45億/年間のtenki.jpであれば、20万円程度から純広告を出稿することが可能です。

運用型広告

運用型広告は、特定のメディアの広告枠を購入する純広告とは違い、自社で入札金額や配信期間の調整が可能な広告媒体です。
運用型広告は、今回紹介する広告媒体の中でも最もチャレンジしやすい広告となっています。何故なら「ユーザー属性」「興味・行動」でターゲット設定が可能であったり、ユーザーの広告反応を把握する分析も可能なので成果が見込みやすいためです。
運用型広告は、更に以下5つに分類されます。

【運用型広告①】リスティング広告

リスティング広告は、GoogleやYahoo検索エンジン上に表示される運用型広告です。キーワードを事前に設定すると、そのキーワードで検索したユーザーに対してテキスト型の広告を表示します。
商品情報を求めているユーザーがターゲットとなるため、購買意欲の高いユーザーにアプローチできるのが特徴です。

【運用型広告②】SNS広告

SNS広告は、Facebook、Instagram、Twitter、LINEなどSNS上に出稿する運用型広告です。SNSに登録をする際に記入するユーザー情報を元にターゲット設定し広告出稿します。
SNS上に表示する広告となるため、広告色が弱い画像や動画を使ったアプローチが可能となっており、ユーザーの認知拡大に適しています。

【運用型広告③】ディスプレイネットワーク広告

ディスプレイ広告は、広告表示可能なWebサイトが複数集まったネットワーク上に出稿する運用型広告です。ユーザーの関心をターゲットとして出稿が可能で、潜在ニーズへのアプローチに適した運用型広告となっています。

【運用型広告④】DSP広告

DSP広告(Demand Side Platform)は、広告費用対効果を最大限高めるための運用型広告です。アドネット枠を横断的に配信するので、興味関心の高いユーザーへの広告出稿や、類似ユーザーへのターゲティングが可能となっています。DSP広告サービス会社に依頼することで広告出稿可能となります。

【運用型広告⑤】リターケティング広告

リターケティング広告とは、自社HPにタグを設置することにより「HPへの訪問履歴があるユーザー」に対してアプローチが可能な運用型広告です。
HP訪問履歴だけではなく「CVを達成したユーザー」「HPに○○秒以上滞在したユーザー」などのユーザーリストを作成することにより、更に詳細なターゲティングが可能となっています。リターケティング広告は「Google広告」「Yahoo広告」「Facebook広告」等で出稿することが可能です。

運用型広告の費用感

運用型広告は、最低出稿金額が固定ではないので、極論月額1万円からでも広告出稿が可能です。
運用型広告の課金形態には、広告がクリックされてはじめて課金されるクリック課金と広告の表示回数により課金されるインプレッション課金形態が設けられています。
クリック課金であれば、広告がクリックされなければ課金されないので、運用型広告は非常に費用対効果の高い広告媒体と言えます。

メルマガ

メルマガは、電子メールで配信される広告媒体です。主にテキストメールとHTMLメールの2つに分類されます。企業が伝えたい情報を任意で配信でき、配信時間や配信量なども自由に選択できるのが特徴です。

メルマガの費用感

メルマガの費用は、自社で完結できれば費用はほとんど掛かりません。メルマガ配信システムを利用したとしても月額1万円程度の予算となるのでコストの良い広告媒体となります。

広告媒体の正しい選び方

最後に、自社に合った正しい広告媒体の選び方について紹介します。選定ポイントは下記3つです。

【ポイント①】広告出稿の目的から選定する

ポイント1つ目は広告出稿の目的から選定する方法です。企業によって広告出稿の目的は様々だと思います。代表的な目的例であれば、

● 商品の購入してもらいたい
● 問合せを獲得したい
● 商品の認知をしたい
● 自社のブランディング
● 実店舗の集客がしたい

などが一般的かと思います。例えば、実店舗への集客が目的であれば、SP媒体のチラシやインターネット媒体の運用型広告が適しています。

チラシであれば地域を絞ったターゲティングが可能ですし、運用型広告であれば、店舗半径○○kmと距離を指定した上で広告出稿が可能です。まずは、広告出稿の目的から広告媒体の絞り込みをしてみましょう。

【ポイント②】予算から選定する

ポイント2つ目は、自社の予算から選定する方法です。多くの広告予算がある企業の場合はどの広告媒体への出稿も可能ですが、予算が限られている中小企業や個人事業主の場合はそうはいきません。

予算が限られている場合は、インターネットの広告媒体がおすすめです。広告費に一切費用掛けたくない場合であればメルマガが向いていますし、数十万の予算であれば運用型広告を出稿することが可能です。

どちらも即効性がある広告媒体となっているので、予算が限られている場合はインターネットの広告媒体に挑戦してみましょう。

【ポイント③】広告媒体のプロに相談する

ポイント3つ目は、広告媒体のプロに相談する方法です。自社に向いている広告媒体が判断できない場合は、多くの実績があるプロに相談することで、自社に合った広告媒体を選定してくれます。

例えば、日本で唯一の動画広告定額サービスを提供する「動画フラット」では「動画制作」「サイト制作」「広告運用」「企画サポート」の全てのサービスを定額で受けることができます。

企業としてのWebマーケティング施策する場合、広告出稿だけではなくサイト制作や企画も必要となっていきます。

これらが全て丸投げできて定額で利用できれば、広告媒体を自社で選定する必要もありません。「動画フラット」について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

まとめ

1

広告媒体の種類は「マス媒体」「SP媒体」「インターネット媒体」

2

広告媒体の正しい選び方は「目的から選定」「予算」「プロに相談」

3

インターネット媒体で力を入れるのであれば「動画広告フラット」がおすすめ